TEL LINE@
MENU




群発性頭痛

当院では頭痛に悩まされ通院されるお客様が年々増加しております。そして頭痛といっても種類は1つだけではありません。頭全体が締めつけられるように鈍く痛む緊張型頭痛。
ズキンズキンと脈打つ痛みがあり、時には吐き気もともなう偏頭痛。
タイプは違うものの、どちらも多くの人を悩ませています。
日本人の15歳以上の4人に1人が緊張型頭痛、30代女性の5人に1人が片頭痛を持っているといわれています。
事実、整骨院蒼天に来院される方の中で頭痛は3番目に多い疾患です。※1位は交通事故、2位は骨盤矯正

今からお話しする頭痛の話は、よく耳にする片頭痛や緊張型頭痛に比べて聞きなれない名前の群発頭痛ですが、こちらも片頭痛や緊張型頭痛と同じ脳出血や脳腫瘍のような疾患のない一次性頭痛です。一次性頭痛の中では最も激しい痛みが伴うとされており、約1000人に1人の割合で起こるとされています。

片頭痛と比較すると群発頭痛は100分の1の発症率ですが、その痛みの激しさや発症する年齢層が20~40代の働き盛りの年齢である事、深夜に連日において痛みが続く事から社会生活への影響も大きく、社会経済への影響も少なくありません。

痛みが起こるタイミングとしては片頭痛や緊張型頭痛に比べるととても長い間隔で起こる頭痛で、半年や1年に1度、長い人では2~3年に1度のタイミングで発症します。
群発頭痛という名前の通り、群発地震のように特定の期間に集中して頭痛が起きるためにこの名前が付けられています。この特定の期間以外には頭痛は起こりません。

頭痛の起こるタイミングの回数が少ないので片頭痛や緊張型頭痛に比べるとそれほど生活に支障がなさそうですが、痛みの度合いが一番激しいため、1度頭痛が起こるとそのあまりの痛みの激しさに「自殺したくなるほど」だと表現されるほどです。

約6割の方が就寝後1~2時間後の特定の時間に頭痛が起こると報告しており、眠れないために睡眠不足になり日常生活にかなりの支障を伴います。
痛みの出方としては頭痛と共に目の周りと奥がえぐられるかのような痛みに襲われます。痛み自体は15分から3時間くらいで、1日に平均1~2回おきます。

片頭痛や緊張型頭痛は女性の割合が多いとされていますが、群発頭痛に関しては5:1で男性の方が多い頭痛です。

その多くの方は当院に来る前に、脳外科などを受診されています。
そして検査の結果異常なしと診断されて、少しホッとします。
ホッとしますが、頭痛が治ったわけではありません。そして更なる不安を煽る結果になってしまう方が多いです。

つまり緊張型頭痛や片頭痛と診断された慢性頭痛は、薬を処方されるだけでこれといった治療を受けることができないのです。
あなたももしかすると、もうすでに脳外科などを受診されているかもしれません。
そしてそこで処方された薬を飲むことでは、根本的な解決にはつながらないこともお分かりだと思います。

整形外科の治療で治るなら、正直私もこのような文章を書く事はないかと思います。
当院では頭痛の専門とした治療を行っておりますので、頭痛にお悩みの際は整骨院蒼天へお任せください。

当院へのアクセス情報

所在地〒861-0424 熊本県山鹿市菊鹿町松尾510-1 菊鹿温泉延命館内
駐車場5台~10台あり
電話番号0968-48-2266
予約完全予約制。お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日水曜日(定休)・祝日(不定休)

当院への道順のご案内