TEL LINE@
MENU




未成年の頭痛(子供の頭痛)

子供の偏頭痛の症状には、次のような特徴があげられます。

・突然、発作的に始まる
・心臓に脈打つような、ズキンズキンとした痛み生じる
・痛みの持続時間が2時間程度と短い
・頭の片側のこめかみ付近だけでなく、両側が痛むことが多い
・嘔吐を伴うほど強い痛みがある
・光や音、匂いに過敏になって痛みが強まる

特に注意して観察していただきたいのは、子供が頭のこめかみ付近を抑えるしぐさや、痛みを訴えてから数時間後には何もなかったように痛みが治まる様子、まぶしい光を嫌がる様子や、音に敏感に反応して振る舞うしぐさが繰り返し見られる場合には、偏頭痛を疑ってみましょう。

子供の偏頭痛の痛みは「孫悟空の輪」に良く例えられます。大人の偏頭痛と違って頭痛の始まりと終わりがはっきりとしていて、さっきまで頭が痛いと言っていた子供が、数分後には元気に遊びだすことも多いので、これも「怠け病」や「仮病」と周りに勘違いされやすい一因なのかもしれません。

特に今問題になっている未成年の頭痛で問題なのは慢性連日性頭痛といい5~17歳の子供の全体の2.2%、そのなかでも12~14歳の中学生や女の子に多くみられる疾患で、体育などで激しい運動をすると突然吐き気を伴う激しい頭痛に見舞われることが多いので、体育の授業を休みがちになったり、行事への参加ができなくなるなど、周りから「怠け病」と誤解されて不登校になるケースも多い、一番の問題は頭痛の症状になります。

一般的に、

強い頭痛が1日4時間以上持続する
月15日以上頭痛が起きる
症状が3ヵ月以上繰り返される
当院では未成年の頭痛としては、中学生や高校生の女子が多く通院されています。

基本的に身体の姿勢の歪みが原因となっております。この場合は矯正も含めた施術を行っております。そして再発しないように日々気を付けるためのアドバイスを行っております。当院では頭痛の専門とした治療を行っておりますので、頭痛にお悩みの際は整骨院蒼天へお任せください。

当院へのアクセス情報

所在地〒861-0424 熊本県山鹿市菊鹿町松尾510-1 菊鹿温泉延命館内
駐車場5台~10台あり
電話番号0968-48-2266
予約完全予約制。お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日水曜日(定休)・祝日(不定休)

当院への道順のご案内