TEL LINE@
MENU
初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 菊池市 山鹿市 交通事故における症状固定

菊池市 山鹿市 交通事故における症状固定

2016.08.07 | Category: 交通事故・むち打ち治療

症状固定とは

後遺障害事故における損害賠償請求の特徴として,「症状固定」という概念があります。

前記のとおり,後遺障害とは治癒が困難であるという性質がありますが,しかし,治癒が困難な障害があるといえるかどうかは,まず診断をしてみなければ分かりません。

つまり,後遺障害があるかどうは,交通事故の時点では分からないのです。通常の傷害事故と同様,まずは医師による診察・治療を受け,その結果,治癒ができない障害があるということが判明することになります。

そして,これ以上治療を施しても治癒が困難な障害(後遺障害)があると判断されることを「症状固定」と呼んでいます。文字どおり,治癒が困難であるという症状・状態が,その後も固定されるという意味です。

被害者の方にとっては,これ以上治療しても良くならないという宣告に等しいので辛いことではありますが,損害賠償請求においては,この症状固定の時点(症状固定時)をいつとするのかということは,非常に重要な意味を持ってきます。

この点,症状固定について「負傷に対して行われる医学上一般に承認された治療方法をもってしても,その効果が期待し得ない状態で,かつ,残存する症状が,自然的経過によって到達すると認められる最終の状態に達すること」と定義付けている裁判例もあります

当院へのアクセス情報

所在地〒861-0424 熊本県山鹿市菊鹿町松尾510-1 菊鹿温泉延命館内
駐車場5台~10台あり
電話番号0968-48-2266
予約完全予約制。お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日水曜日(定休)・祝日(不定休)

当院への道順のご案内